論理的に行き詰まったとき、からが始まり

「論理的に行き詰まったとき、からが始まり」

なんの要因も縛りも無いから自由な発想し放題で、
ちょっと楽しい、そう思ってしまった究極問題分析。
いや「わー、どうしよー、打つ手が無いよー」と
プレッシャーも絶大なんですけどね。

ふと思い出すのは、新卒で入社したときの上司、
そういうときにものすごい集中力で、
「あ、そうじゃないのか...ってことは!? いやまてよ...」
ってひたすらセオリーを組み立てては崩しては組み立てて、
最後には到達する。
かっこいいなぁと思ったもんですよ。
これ真似したいなと。
じぃぃぃっと見てました、聞いてました。

論理的に行き詰まったときこそ自由

そう思えば窮地も楽しいかもね。

...
...

なんか、いざってときは、
上司が自分に乗り移って考えてるような気分になります。
で、気付いたら到達してる。あれっ、おれなんもやってない!?
そういえば、ログをよく読んでました。じっくり。
わかる人にはわかるでしょう。
そう、やっぱり真似してるだけですね、ぼくは。

で、死ぬほど悩んで到達する姿を現場で見せることが
教えられたものを教える最大のチャンスになるかなー。
って、
「ああぁ、よかったぁ、これで到達しなかったら
めっちゃかっこわるいわー、あぶねー」
両方を思いながら、
ランチ食べられなかったので夜めっちゃ食いました。