若い人がいきなり便利なものを...ぜひ使って!

「若い人がいきなり便利なものを使い始めるとダメになる」

ということがよく言われます。
ほとんどの人が確かにそうだと考えるでしょう。

実は自分はそうは考えません。

便利なものをいきなり使い始めてください

と言い切ります。
心配なのは間違った使い方をすることだけ。
そこはしっかり教えた上で使ってもらう。
なぜそう考えるのか。

逆に便利なものを知らずに育つと、
それが便利であることを理解できなくなるから。
便利であると気付かなくなるし、
便利であるとわかっても、
いざ手を動かそうとすると二の足を踏むことがある。

不便なものから使い始めると、「手」も「思考」も
不便なものに合わせた形で凝り固まってしまい、
そして人はそこが居心地の良いものと捉えてしまう。
要は「クセ」がついちゃったと。

その状態でいざ便利なものを目の前にしたとき...

便利であるがゆえにどうしても必要な習得コスト、
これが面倒で仕方ないと感じてしまう。なぜなら、
不便な方法でもなんとか乗り切れることを知ってるから。

そもそも今までやってた方法が不便だったと認めたくない。
今までのことを否定したくない、そういう気持ちは誰にでも
生まれるもの。今までやってた方法こそが一番効率が良い、
とまでは言わないにしても、本能的に避けようとする。

そして、そもそも便利さを疑う。
なぜなら、そもそも便利さを享受した経験がないから、
全く想像がつかないのである。苦労してきたことと機能を
照らし合わせて論理的に便利であることは理解できても、
それを使って乗り越えた経験がないから感覚的にはまだ
完全に理解はできないないのである(実感が湧かない)。

今までの不便な方法でとりあえず頑張って前に進めることを
知ってるから、とにかくその経験が足枷になることがある。
昔、バージョン管理システムを全く利用していないチーム
がありました。そのメンバー誰もがバージョン管理をした
ことがなかったのです。一方で、自分はほぼ仕事心がついた
ころから CVS を使っていました。バージョン管理なしで
ひたすら実装していくなんてあり得ないと...

バージョン管理システムの提案をしました。
提案技量不足という面も否めませんが、その便利さと
メリットはとりあえずは理解はしてくれたようです。
でも、導入には至りませんでした。特に理由もありません。
なんとなく誰も乗り気じゃなかったのです。
導入しないで済むならその方がいいというムード。

新しいものを導入する、これほど障壁の高い行為はありません。
でも、バージョン管理を最初っから使っていた人間からすると、
「これ別に新しいものでもなんでもないよ」
というところなのです。そこに大きなギャップがあります。

結局、バージョン管理は導入されませんでした。
そんな状況なので、バージョン管理に限った話ではなく、
随時、手作業しまくりでミスりまくりの開発運用、
ただそれでも、何も道具がないにしても、
なんとかミスや事故が少なくなるよう、
手順の確立やら簡易なスクリプトやらやらやらで工夫し、
便利なツールを使った場合に比べれば遥か及びませんが、
なんとか無事開発を進めていけるくらいの状態になりました。
そして、それをみんな便利だと喜んでくれました。
(えーっとぅ...)

バージョン管理システムやその他便利ツールの
便利さを享受したことがあるからこそ、
何ができると便利と感じるのか思えるのか、
その「期待値」がわかって改善が思い付いた。
便利さを知らなければ、
独自の改善だって思い付かないでしょう。

料理人も、おいしいものを食べなきゃ、
おいしいものは作れない
これに近い話、至る所の至る領域でたくさんたくさんあります。
よくあるところでは、エクセルで課題管理したり図を書いたり...
頼むから、
「ちゃんと課題管理ツール使ってー、モデリングツール使ってー」
と言いたいところなのですが、既に手も目も頭も凝り固まって、
そこから動こうとはなかなかしないのです。

プログラミングも同じですね。一度変なクセがついてしまうと、
なかなか矯正することができない。矯正しようとも思わなかったり。
そこに明確なポリシーが存在するのであればまだ良いですが、
一方で、わかっていながらただ一歩を踏み出せないでいる人もいて。

もちろん、人によっては経験がどうあれ違う結果を生み出すことも。
それも良い方向に。確かに自己探求できる人であれば全く問題なし。
でも、全員がそういうわけじゃない。
誤解の無いように書いておくと、
もちろん「正しい使い方」で、
便利さをしっかり享受することが大事。

例えば、いくらデバッガが便利だからって、
エラーメッセージ読む前にデバッガを起動するのは、
それは間違い。
それは根性論でも精神論でもなんでもなし、
単純にエラーメッセージやスタックトレースの方が
デバッガよりも「便利なツール」だから。
優先度が違うだけ。

// デバッグ手順(スタックトレース重要) | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20090224
ということで、
遠慮なく便利なものを使ってもらってOKかなと。
厳密にはケースバイケースとも言えますが、
少なくとも逆のパターン、

不便に慣れてしまうケースの方を多く見かける

その方が深刻だと。

なので、
経験者が自分の苦労を若い人に押し付けようとする気持ち、
これもまた抑えたいところ。
「ぜひ同じ苦労をしてもらいたい」
と思えるものもある一方で、
それを若い人に強要するのは時代的に
無駄なことと考えられるものもたくさんある。
その先輩の深層心理で若い人の進化に
ストップをかけるのは避けたい。

※自分も、本当に気をつけなければね...
そういうことから若い人には、

若い感受性の高い時期に、
確かな便利さをしっかり知ってもらいたい

そして、いざ便利なものがない世界に飛び込んだときに、
「しっかりとショック」を受けて、
便利なものを提案してその場を改善していくきっかけに、
もしくは、知ってる便利さを代わりの方法で
導き出すきっかけにもなってくれればと。

そう願いをこめてこのように考えるのです。