答えよりも答えを導くプロセスを

答えを覚えることよりも、答えを導くための
プロセスを学んで欲しい

これが自分が若い人に伝えたいこと

前回の「知識を得るためのプロセスを」と似てます。
 -> http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110528/1306566854

つまり、どの領域でも同じ話なんですね。

答えを知っていれば、確かにあっという間に問題は解決します。
でも、問題というのは千差万別、把握できないほど多く存在します。
そもそも人が覚えられることに限度はあるわけです。

同じ問題でも姿を変えて目の前に現れることがあります。
せっかく答えを知っていたはずなのに、
その答えを思い付けない、よくあることです。
エラーを解決する答えを知ることよりも、
デバッグの手順、デバッグするための手段を身につけましょう。

// デバッグ手順(スタックトレース重要) | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20090224/1235473382

答えが目の前に書いてあるのに、それを見過ごして右往左往
していては、現場に行ったとき先輩に怒られてしまいますよ。

これはほんの一例。
答えを知ったとき、単に答えを覚えるのではなく、
その答えに辿り着くまでの思考手順、メソッド、
つまり、プロセスをほんの少しでも着目して欲しい。
そうすれば、自然とプロセスが感覚的に身に付いてくるから。

プロセスを知るだけではダメなのです。
いくら Eclipse で ctrl + shift + R でリソースの検索が
できるって知っていても、感覚的に身に付いていなかったら、
やはり使おうとしない、いざってときに使えないのと一緒。

プロセスも単に知っているだけではそれを求められる場面で
とっさに活用できない。プロセスが感覚的に身に付いていないと
なかなか頭の中でその思考を巡らすことができないのです。
プロセスを間違えることはたくさんあるでしょう。
間違えたら見直して次に間違えないように、これの繰り返し。

地味だけどね。実直にね。

自分なんか今でも何度も何度も間違えます。
でも、ずっと着目してきたから、仕事をやり始めたばかりの
ときから比べれば、ある程度は積み重なって来たのかな。
その積み重ねを忘れないように、ブログでメモったり...

// 解決法の評価項目は単一とは限らない | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110306/items

// 保証された解決法なんてめったにない | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110304/noguarantee

// リスクのない解決法なんてめったにない | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110303/hasrisk

// 一つの問題に対する解決法は単一とは限らない | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110215/solutions

※まだまだ書き足りてない
現場ではプロセスよりも結果が全てです。
だから、その結果が安定して出せるようにするために、
プロセスを身に付ける。

良い結果にしろ悪い結果にしろ結果を出したら、
「どのように結果を導いたのか」
それに着目し積み重ねるだけで、
次は違う結果になるでしょう。