こうはい extends せんぱい

若い頃は、経験不足でよく悩むものです。
とはいえ、時間の流れはみんな一定ですから、
どれだけ焦っても、人より早く経験を
得ていくことはなかなか難しい。
(無論、時間の使い方の個人差はありますが)

それどころか、人の時間と行動は限られてる。
ひとりの人が多彩な経験を得ることは難しい。

小説は、人の経験を疑似体験できるツールだと、
(どこかで)聞いたことがあります。
自分の知らない世界を疑似体験ができる。

残念ながら、
システム開発を描いた小説なんてありませんが、
(んっ、あるのかな!? ...まあいいか)
近くにいる先輩たちは色々な経験をしています。
経験不足に悩むなら、

先輩の経験、継承してみませんか?

あなたのすぐ隣には、素敵な先輩がいることでしょう。
まあ、座席の都合上、いない人もいるかもですね。
でも、オフィスのどこかにいませんか?
ランチや飲み会、勉強会とかでもいいですよ。

自分はどうやって成長したんだろう?

jfluteは最近、
自分はどうやって成長したんだろう?
と振り返っています。
まあ、まだまだ「ひっどい」自分ですが、
少しは人様に貢献ができるようになったでしょうか?

ひどく怠慢な学生時代、ひどく無知で世間知らず。
ここ2, 3年、若い人、特に新卒の方々と接する機会が多く、
みんなを見てると本当に立派だなぁといつも感心します。
なんというか、自分の何倍も大人でびっくりするみたいな(><。

その昔のjflute, 新卒研修を終え配属されてすぐ、
とっても怖ぁぁぁーくて、かっこいい上司と出会いました。
スーパープログラマープレイングマネージャー。
職人でありながら、バランスの良い判断力とリーダーシップ。
大胆でありながら、緻密でしっかりもの。
みなから恐れられ、そして、頼られる存在。
そして何より、楽しそうに技術話をする人でした。
(上を向いて大きく口をあけてハッハッハって

何もできないjfluteは、それはもう怒られました。
怒りながらも丹念に説明してくれました。
そして、およそ丸二年くらい、ほとんど隣の席でした。
暇なときも、トラブルが起きても、切羽詰まってるときも。
独り言なんだか話しかけてるんだか、
なんだかよくわからない感じで自然と会話が始まり、

上司「これ、こうだよなぁ...いやまてよ、ってことは...」
ぼく「ふむふむ、そうですね(全然わかってない)」

そして、終わり、気付けば問題は解決している!

この人のようになりたい!

もしくは、

この人と一緒に仕事ができるようになりたい!

その人がなにか問題に対峙しているとき、
発言、考え方、判断、ムード、空気など
考えている「様(さま)」を見ていたものです。
時には自分の仕事の手を止め...じぃぃっと笑
本質的に技術者と言えないぼくは、
やはり「人」に興味があるのか、よーく見ていました。

ふとした休憩で手を止めたときに、
おもむろに色々な話をしてくれました。
隣の座席の特権ですね(^^/
だって自分は仕事が全然できないんだもん。
自分にできることは仕事ができる人の話を聞くこと。

「あー、もう終わりにすっかー」

という大げさな口癖で帰る合図。
それを聞くとなんだかぼくもおもむろに帰る準備。
よく一緒に帰って、またそこで色々な話を聞きました。

普通はオフィスの外を出たらもう知らない人、
それが社会人っていうムード漂う世の中ですが、
そんなことは気にもせず相手にしてくれました。
雨の日も、風の日も...毎日のように...

そう、雨の日、でも雨降るとは思ってなかった日、
傘がなかったのですが、その上司は持っていました。

上司「傘、持ってないのか?」
ぼく「はっ、はい」
上司「なんで、持ってねぇんだよ、傘くらい持っておけよ」
ぼく「!?」
上司「想定外のことに備えておくのが技術者なんだよぅ!」
ぼく「(ずぶ濡れずぶ濡れずぶ濡れー(T_T)」

めっっっちゃ機嫌の悪い日だったようです。
そういえばなんかぼくがミスをやらかした日のような...。

技術話とか仕事話でおもしろおかしく帰った日もあれば、
機嫌の悪い日はとっても大変でした。
他の人の怒り話でも、なぜかぼくが怒られてるみたいな(><。
でも、会社では言いづらいようなこともたくさん話してくれました。

仕事での張りつめたやり取り、休憩中や飲み会のときの笑い話...
ではなく、
帰り道で何気なく出てくる「その中間のような話」にこそ、
貴重なヒントがたくさん含まれてるなぁと。
それって、日常の仕事の中ではなかなか聞けないものです。
こういうの、ほとんど耳にすることなく年をとる人も多いのでは!?

そう言う意味では、
その時その時の上司がぼくに対して言いたかったこと、
きっちりと言ってもらえたように思います。
今になってわかりますが、後輩に言いたいことがあっても、
少しでも月日が経つとやはり賞味期限が切れてしまい、
「もういまさらだなぁ」って感じで言わなくなるものです。
それってね、後輩の方がすっっっごい損なんだよ。

大人になったら、人は他人に対して無関心です。
思うことがあっても何も言ってくれません。
オフィスの中ならなおさら、物事を荒立てたくないもの。

一方で、ぼくの話もよく聞いてくれました。
仕事の相談もするし、全然関係ない話もするし、
そこから得られるリアクションが、また自分の成長の糧でした。

昔話もたくさん聞きました。
気付いたら、随分と色々な疑似体験ができたなぁと。
しかも、おもしろおかしく聞いたり話したりしたんだから、
つらいことは何もない。(機嫌の悪い日以外は)

話は尽きませんでしたね。

聞いて伝えて

さあ、隣の先輩にちょっと話しかけてみてください。
いつまでも先輩がそばにいるとは限りませんよ。
隣の座席ってやっぱり特別ですよね。
自然と会話が発生する距離と向き。

たぶん...わりとおしゃべりですよ(^^。
技術者は、しゃべりたくてしょうがないものだから。
どうですか、人の話を聞くのは苦手ですか?

聞き上手は話し上手

聞けない人は何をやっても伸びませんよ。
(ここは厳しく言いますが)

ブログやTwitterとかも要チェック。
僕は身近な先輩のブログは必ずチェックしていました。
何もチェックしない人は、
「影響を受けるチャンスを逃してる人」
伸びるチャンスが少ない人と考えます。
(ここも厳しく言いますが)

逆に先輩は、体験を伝えてあげてください。
それはそれで意外なリアクションが帰ってきて、
先輩にとっての新鮮な経験の拡張になるかもしれませんよ。
ただ、後輩が話をまとめようとしてたら終わってあげてください。
きっと、そろそろ仕事に戻りたいか....トイレに行きたいか...

似るね

また、経験は、単に昔話だけから得られるものではありません。
経験を積み重ねてきた先輩は、溢れ出る経験の宝庫です。
もう「経験が歩いてる」と考えてください。

その立ち振る舞い、考え方、判断、言葉、仕事の仕方、
これらの多くが経験のアウトプットです。
それらに触れることで、先輩の経験を体験したことにもなる。

ちなみに、不思議なものでね...

「似る」もんなんですよ。やっぱり。

一緒に仕事して、あれこれとやりとりをしていると。
「考え方、振る舞い、判断、発言」などなど。
そう意識してなくても自然とね、気付いたら。
一緒に過ごす時間が長ければ長いほどね。

普段、近くで仕事を一緒させて頂いている方々に、
jfluteの問題解決スピード、驚かれます。
あんなにダメダメちゃんだったのにね。
(手前味噌ですが、伝えたいことはそうじゃなくて...)

実は、単に上司の真似をしてるだけ。

似ようとしてきたし、自然と似てきたし。
残念ながらぼくの実力ではなく、
尊敬する人に影響されただけ。

先輩は、それだけ影響力があるわけです。
そう思うと、結構プレッシャーじゃない!?
若い人たちだって、すぐに先輩になるんだよ!

良い影響を、たくさんたくさん受けてください。
まあもし、悪いところがあったらオーバーライドしましょ。

成長は人と人との間に

だがしかし

安心してください。
別にその先輩になるわけではありませんよ。
jfluteは、そろそろ出会った頃の上司と同い年に。
でも、その上司のようなかっこいい大人には...

残念ながらこれっぽっちもなれてないですねー(><。

というか、jflute は jflute で、
なんともオリジナリティーあふれる独自の方向に
進んでいってしまいました。
そいえばその昔、こんなこと言われました。

「kuboくんはねぇ、ずっと子供なんだよねぇ、
そういうもんだから、たぶんそれは変わらないんだよ」

げぇぇぇぇー(><

...うーん、子供のままなので、
いつまでもぼくのまわりはみんな先輩だらけなんですね。
後輩だと思ってたら実は先輩。
教えてもらってばかりで申し訳ないや。

とまあ、もともとの個性がありながら、
たくさんたくさん継承して、
自分の考えも持ってオーバーライドして、
新しい「自分」が生まれるものだと。

成長は人と人との間に生まれる

だから、人の可能性は、
無限大なんじゃないですか?


...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
その何年後もあと、
とある現場でその上司とオフィスが一緒になりました。
もう帰る方角が全然違うのですぐにおしまいですが、
タイミング合ったときは一緒に帰って話をしました。
今はもう
「おっ、帰ります?途中まで一緒しましょう」
と、しっかりと言えるようになりしたね(少しは大人に!?)。
互いに立場も状況も変わっていましたが、
ふふふ、話すこと、変わらないもんですね。

そして、いまでも、一年に一回...二年に一回!?
ぼくの方から誘って、お酒飲めてごはん食べられるところ、
セッティングして、お会いする機会を作ります。
いまになってわかるんですが、
ある程度経つと、先輩の方からは誘いづらいものです。
なので、しっかり後輩の方から誘ってあげてください笑。

…
...

それにしても...

jfluteの行動力と探究心、そして、勇気と知恵、
いまも変わらず「人」から生まれてる...みたいですね。


だからぼくは「出会い」をおろそかにすることができない。