雪のハンガーステージ

とある冬の余暇プログラミング


...
...
さーて、ハンガーステージに行くかな


...
...
よしっ、誰もまだ並んでない一番乗りー


...
...
というか...誰も来ない


...
...
というか...既に「どこだここは!?」状態


...
...
でも何も変わらずミスティック終わったら、
マイペースにプログラミングぅー

って、確実に今日ではないですね。
そう、ちょっと前の東京での大雪の日です。
この日も余暇プログラミングを敢行してました。
 -> 余暇プログラミング | jfluteの日記

なんというか...
「あえて突っ込んでみた」って感も。
ディズニーシーの雪景色なんてめったに
見られませんからねー。

というブログをいつか書こーうと思って、
今日また楽しいことあったので、
勢いでエルドラドで書き書き。
そんでもって今日のハンガーステージ。
ちょっと雨濡れな感じで良いムードです。
(最終公演終了後、扉が閉まった直後)



キャストさんが、並んでる列の濡れた地面を
一生懸命拭いていく姿が印象的でした。

今日のキャストさんは、
とっても楽しく元気にさせてくれる
しゃべりっぷりで、
とてもいい気分にさせてくれました。

注意事項とかのアナウンスって、
あんまりみんな聞かないものですよね。
でも、こういう風な調子でしゃべると、
楽しさもいっぱい、自然とマナーも守るぞって、
そんな雰囲気になるんじゃないかなって。

ビジネスでも...
ってそのまんま適用するわけじゃないですが、
そういった
「気持ちに働きかけるようなトーク」
をすることで、
わりとつまらないというかお堅い話も、
耳に入りやすくなるのかなって。
特に最近は教育とか講演とかの機会が
多いので、その大切さが身にしみます。
なので、こういうのが参考になるし、
刺激になりますね。

はい!無理矢理仕事に結びつけてみましたが、
たまにはプログラマーじゃない人も読める
「堅くないブログ」も書こうと思った気分。

【追記】
同じ日のディズニーシーについての
ブログも書きましたー
 -> 雪のディズニーシー