まず何より、目の前の道具を使いこなしてください

チャーハンまだ?

あなたが中華料理屋の料理人になったとします。
まだ料理は初めて、これから学びます。

さて、少しだけ学んだので、
チャーハンを作ってお客さんに食べてもらいます。
もちろん、お金をもらっています。
まだあんまりおいしくはないです。
評判も悪くクレームも来ます。

チャーハン自体に画期的工夫が必要とか、
お客さんの好みが変わったとかではなく、
単純にまだ普通のチャーハンすら、
まともに作れてないだけです。
先輩が作ればちゃんと喜んでもらえます。

「色々な料理を作ったほうが良いから、
ショートケーキを作る練習しよう」

...
...

「いや、お前チャーハン作れよ」


「いやいや、ショートケーキを作ることで、
また違った世界の味覚や調理方法を学べて、
別角度からチャーハンを見つめ直すことができて、
チャーハンがおいしくなるかもしれないし、
画期的工夫でチャーハンがおいしくなるかも!?」


「いや、まずはチャーハン作れよ」


「いやいや、普段の業務でチャーハン作っているので、
自主トレでまたチャーハン作るのは飽きちゃうから、
別のことしたほうが気晴らしになって楽しいし」


「いいからチャーハン作れよ」


「いやいや、実はチャーハンはあまり好きではなくて、
ショートケーキを作る方が圧倒的に楽しい。
ショートケーキ最高!(^^/」


「チャーハン作れよっ」

魔法の言葉の程度の問題

「色々な言語を書いたほうがいいよ」
「色々なフレームワークを使ったほうがいいよ」
「色々なエディターを使ったほうがいいよ」

つまり...

「色々なことをやったほうがいいよ」

その通りだと思います。
先の料理人の言う通り、違う世界を見ることで、
目の前の世界を違う角度から見つめ直すことができて、
結果的に目の前の世界を良くすることにつながります。

でもそれは、
目の前の世界を "ある程度" 知ってるから、
別の世界と比較して新しいものが見えるわけで、
そもそもチャーハンもよくわかってなかったら、
ショートケーキを作ることによるチャーハンへの
フィードバックはほとんどないでしょう。

もちろん、ショートケーキ単独で
学べることは大いにあります。
それが記憶になって、
後のフィードバックにもなるかもしれません。

でもまだ、お金もらっておきながら、
おいしいチャーハン作れてないですから...

浅い学びのつまらなさ

「すでに仕事で使ってるものを
勉強してもつまらない」

という声もよく聞きます。
これもある程度はその通りなのですが...

本当にチャーハン作りの楽しさを得たでしょうか?
まだ浅いところしか見てないから、
つまらないだけじゃないでしょうか?

どのようなものでも奥深い世界があります。
突き詰める人は物事の深淵に感心します。

ある程度書けるようになったら、
もうこのプログラミング言語はつまらない?
ある程度使えてるから
もうこのフレームワークはつまらない?

もっと追求すれば楽しいことは幾らでもあります。
逆に、その追求による楽しさがわからなければ、
別のことをやっても浅い楽しみしか得られず、
またすぐに飽きるでしょう。

もちろん、それでも、
別の世界の楽しみを探すことに意義はあります。
大いに意義があります。ぜひとも!

でもまだ、お金もらっておきながら、
おいしいチャーハン作れてないですから...

プロ意識はどこへ?

「別のツールのほうが好きで...」

お金をもらってチャーハンを作っているのに、
まだおいしいチャーハンを作れないことの
許される理由になるでしょうか?

お客さんはそんなこと知りませんし、
お店だって知ったことではありません。
同僚だって知ったことではありません。
プロの料理人として誇れることでしょうか?

明日にでも、そのお仕事を辞めたらどうでしょう?
ショートケーキ作りの道に行ってみては?

ただ、"そうもいかない" というのは確かにあります。
生活ができなかったらしょうがないですから。

でも、目の前のお客さんを喜ばせられない、
喜ばせる努力ができない人が、
ショートケーキの世界に行って成功するか?

もちろん、向いてる向いてないがあるので、
厳密にはショートケーキなら大成功の可能性もありますが、
プロ意識の薄いパティシエになりそうで心配です。

そうまだ、お金もらっておきながら、
おいしいチャーハン作れてないですから...

お店のために!?

「先輩に付きっきりでフォローしてもらえば、
お客さんに喜ばれるおいしいチャーハン作れます!
なので、お店のために毎回そうしています!
三年くらいずっとそうやって貢献しています!」


早く先輩を解放してあげてください。

目の前は学びの宝庫

仕事で使っているツールから得られる学び、
それは非常に大きいものです。

なぜかというと、本気の実践で使っているからです。
本気の実践で使っているそのツールの「様(さま)」を、
しっかり見ることができるからです。

個人ではなかなか...

400テーブルのDB設計はしませんし、
1000万件データにクエリを投げることもないですし、
100画面作ることもないですし、
アクセス負荷に悩むこともないですし、
多様な決済機能を備えたりもしませんし、
凝ったキャッシュ戦略を実装することもありませんし、
複数人での開発をすることもありません。

多少、狙ってやることはあるかもしれませんが、
仕事では厳しい要求の中でツールが活躍しています。
そのツールの真価が問われていて、
そのツールの本質を知るきっかけも多いです。

もちろん、破片プログラマー になりやすいので、
個人の小さな環境で何かを作ることに意義はあります。
そして、とても大きな意義です。
仕事の大きすぎる環境だとだと試せないことを、
個人の小さな環境だと試せることもあります。

でも、まずはショートケーキじゃなくチャーハンで、
プレッシャーなしで色々と試行錯誤したり、
世のチャーハンのレシピを調べたり、
自宅の小さな設備で作って苦労してみたり、
などなど、
本番のチャーハンと練習のチャーハンで比べることで、
チャーハンの本質を知ってみてはどうでしょう?

そうすると、ショートケーキを学ぶときも、
チャーハンの本質とショートケーキを比べられて、
ショートケーキの本質に早く辿り着けるかもしれません。

少なくとも、それをやらないということは、
「仕事場という目の前にある豊富な学びをスルーする」
ことになるのです。

転職すると前の現場を見ることができません。
その仕事場を見て分析できるのは、
"いま" しかないのです。

できる人は使いこなしてる

常に色々なことを学んで、
色々なツールに長けている人がいます。
jfluteの身の回りにたくさんいます。
若い人も含めて。すごいですね。

でも、彼らはみな、
目の前のツールもちゃんと使いこなしてます。
そのための勉強も実はしていたりします。

それがその人にとってキライなツールだったとしても、
仕事で使うことになって避けられない以上は...

「なるほど、これこうすればこうなるんだな」
「あー、わかった、こうなってるからこうなんだ」
「しょうがなく勉強してきたよぅ、まあ大体わかった」

とか言って、ちゃんと詳しくなってたりします。
本当にキライなのか?って疑いたくなったりもします。
聞くと「俺これイヤなんだよね」って言うわけですが、
でもその人が誰よりも詳しかったり...。

その土台がある上で別のことも学ぶから、
得られる相乗効果が非常に高く、
好きなツールもキライなツールも、
どちらの習熟度も上がっていくの繰り返し。
プロの技...というかプロの立ち回りでしょうか。

...

ちなみに、昔々の時代に一緒に仕事をしていた、
jfluteが心から尊敬する二人を思い出します。
彼らは本当にそんな感じでしたね。

お金もらってやる以上は、
要求を超える品質を目指して行動する

あー、自分も頑張らねば...
ってブログ書きながら背筋が凍ってきました。

程度の問題という問題

たぶん、そんなことはわかっている、
という人も多いでしょう。

本当にチャーハンを極めようとすると、
もしかしたら10年以上かかるかもしれません。
ラーメンも極めなきゃいけないかもしれません。
パティシエに転職したいなら、
確かにどこかでちゃんとショートケーキに
時間を当てないといけないかもしれません。

なので程度の問題です。
でも程度って線引きが曖昧だから判断がしづらい。
バランスをどう取るか?
そこは個人のプロ意識に委ねるしかありません。

ただ、いま時代のプログラミングの世界は、
変化も激しく選択肢も要求もあまりに多様化していて、
その辺のバランスを崩しやすいとも思っています。

少なくとも、jfluteの身の回りで、
それを感じることがたくさんあるのです。
チャーハンの話がたくさん感じるのです。
若い人でもそうですし、
ベテランでも感じることがあります。

「自分これは詳しくないので...」

役割分担という言葉が通じないほど、
さすがにそろそろ詳しくないとダメでは?
なんか詳しくなろうとしてないだけでは?

【追記】
ツールの選定や技術的負債の返済でも、
このことが影響してきます。
目の前のツールを使いこなしてないのに、
新しいツールを使ってハッピーになれるのか?
目の前のツールを使いこなしてないだけで、
別に技術的負債ではないかもしれないのでは?。

おいしいヒント

とはいえ、
「正解はこうだよ」というのも、
なかなか言えません。

ここでは、プログラミング言語や、
フレームワーク、エディターなど、
よく触れるツールをイメージしていますが、
他にもあるかもですね。まあ多いですよね。
目の前もカラフル過ぎて大変です。誘惑も多い。

究極、どういうスキルロードを辿るかは
個人に委ねるしかないです。


でも、一つのヒントとして、

目の前の宝庫を見逃すなよ


あとそもそも...

まずは、おいしいチャーハン作ろうよ

ですかね。