仕事の先にある仕事は明るい

よく新人の頃は、仕事に翻弄されました。

「来週からどこどこの現場に行ってもらう」
「明日から...の仕事やって......あっ、いや、なくなった」

金曜の夜に面接をして、そして月曜日には出向先へ。
周りの人だれも知らない状況で、
いきなり初日から夜12時過ぎまで残業とか...

自分の都合...
まあ、会社員だから物理的な都合はないですが、
心の準備的な都合はなかなかしっちゃかめっちゃか。
まあ当然、ビジネスですから、そんなの関係ない。

...6ヶ月定期券を何回買い替えれば気が済むんだかー。

そんなの関係ない。

突如、ずっと隣で一緒に仕事をしてた人と、
いきなり離れ離れになったりもします。
もちろん新しい出会いもあるけどね。
慣れてくるとそういうもん。でも最初はわりとびっくり。
その分、目の前の人との時間をすごく大切にしたい。
もう明日には話しかけることもできなくなってるかもだから。

ポジティブに向かおうとはするけど、
なんだか仕事で迷子になる。
最初の頃はそんな気持ちになることも多い。

でも究極は...

自分のやりたい仕事は、
自分で引き寄せないとダメだなと

そのための行動ってなんだい?
わからないけど、色々あるよ。
そう簡単には思い付かないことたくさん。

もちろん、そんなことはいきなりできるわけもなく、
目の前の仕事に明け暮れる日々が続くわけですが、
それはやりたい仕事への通る道だといつか気付きます。

いや...

通る道にするんです、自らの行動でね

いま通ってる道、自分の通りたい道ではなくても、
そこでの成果物を最高のものに仕上げていれば、
その道は本当に通りたい道への道になる。
いいかげんなものを出してると本当に無駄な道になる。

...

いずれにせよ...仕事の先にある仕事は明るい。
ってことは、いま目の前の仕事もきっと明るいよ。