一つ一つのやるべきことがすべて味に影響する

NHKプロフェッショナルの流儀
「チーズ農家・吉田全作」
観た。

ものづくりの本質はとても泥臭い。
「アイディアひらめた」みたいな派手な話は、
長い長いストーリーのほんの一部分。

一つ一つのやるべきこと、
一つ一つがチーズの味に影響する。

jflute自身が実際に、
一つ一つのやるべきこと、
そこから背を向けたときは失敗したし、
面倒なことや非効率にみえること、
それらを受け入れたときは小さな幸せが訪れた。

「人生の岐路では、必ず面倒くさい道を選んできた。
面倒なことは誰もしないし、より多くのヒントが転がっている」

本来、非効率なことはすべきではないというのが技術者だ。
だが職人は、ときにそれを選ぶ。
なにか、そこに見極めの難しいボーダーラインがあるように感じる

久しぶりにものづくり根性の心を刺激された。
いや、これはものを作るだけの話ではないように思える。
実直さ...派手な才能を持たない自分にぴったりの武器なのかも。
彼のようになりたいと思った。