DBFluteは元気です

DBFluteユーザのみなさま、お元気でしょうか?

様々な状況の方がいらっしゃるかと思います。
あの人はどうかな?さてまたあの人はどうかな?
直接の面識がない方も多くいらっしゃいますが、
思いをめぐらすと心配ごとは尽きません。

幸い、jfluteは無事に日々を暮らせています。
ドキュメント作成などの積極的な活動は着手には
至りませんが(今回の件に関わらず難しいのですが)、
ちょくちょくと来る DBFlute の質問などには
答えられる状態ではあります。

「倹約で前向きないつもの生活を」心掛けて、
色々な情報をキャッチして、提供できるものは
提供しようと毎日を暮らしています。

// 倹約で前向きないつもの生活を | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110313
今の世の中、早急な節電が求められています。
原子力の是非の話は一旦置いておくにしても、話題の
第一原発が戻ることは少なくとも直近ではまずありません。
今後もないかもしれません。他の停止中の原発や火力発電
などは戻るかもしれませんが、当面の電力不足は否めません。

この先求められるのは、継続的な節電。生活を保ちつつ
消費電力を抑えていく工夫、これができないと計画停電も
そうですが、仕事中にビルから強制退去させられて仕事に
ならないという状況がまたいつ来るかわからないと。
そもそも目の前のビジネスが成り立たなくなってしまう。

今、極端に消費電力を抑えることもとても大事で意義の
あることですが、我慢した節電は月や年単位でなかなか
続きませんので、徐々に「我慢しない節電」を見つけて
いく必要があると考えています。
いつもの生活を保ちつつ倹約で継続的な節電を。

// とりあえずできるささやかな節電 | jfluteの日記
http://d.hatena.ne.jp/jflute/20110314

そのための工夫を少しでも多くの方と情報共有できればと。
自分の経験が一人でも多くに人に参考になればと。

そんなに高尚なことを言っているわけではなく、
ぶっちゃけ電力不足が解消しないと、世のシステム投資は
どんどん低くなり、プログラマの仕事が少なくなってしまう。
少ないだけならまだしも需要が少ないってことは、
プログラマに対する待遇、プログラマの価値は一層低く...
それっていやだなーって。

そもそも今回の件以前に、環境保護のための節電、
オープンソース活動継続のための経済的な節電、
そういう目的ではある程度やってきましたが、
現状はもっと目先の領域に問題があると。
そういうことで、ちょくちょく色々とブログに書いている
わけです。一方で、徐々にしっかり DBFlute の話題も
書いていくつもりです。倹約しつつもしっかり生活して
経済を回していくことが大事ですから。

そんなわけで、いつものように、以前のように、
DBFluteの質問は受け付けていますDBFlute使って仕事を継続されている方に対して、
DBFluteを効率良く使ってもらうことに貢献できれば、
すごく遠いですが間接的な世のための貢献になればと。
あと単純に、DBFluteの話ができると楽しいですから。

要望などであまり時間が掛かるようなものは着手できない
可能性がありますが、即答できる質問なども多くあるはず
なので、返事は多少遅れることもあるかと思いますが、
何かあれば遠慮なく seasar-user-ML や
「DBFluteユーザの集い」などに投稿して頂ければと。

※ちなみに Twitter でも jflute でつぶやいています。