DBFlute-1.0.x (Java6版) から 1.1.x (Java8版) への移行のオススメ第一弾

DBFlute-1.0.x (Java6版) をご利用のみなさんへ。

長らくDBFluteをご利用ありがとうございます。

1.0.x (Java6版) の最新である "1.0.5N" がリリースされてから三年半...
1.1.x (Java8版) の最初のバージョン "1.1.0" がリリースされてからも三年半...

が経ちました。

移行のススメ

"1.0.x (Java6版)" は機能追加はせず、
安定させたバージョンとして運用しています。
具体的には、SchemaPolicyCheck や Decomment などは、
"1.1.x (Java8版)" の方のみ実装しています。
この辺は、いざとなれば並行利用もできますし。

さて、まだまだ "1.0.x (Java6版)" の利用者も多いと
推測していますが(よく耳に入ります)、
改めて "1.1.x (Java8版)" への移行をオススメします。

Java6のビルド

単純に最新版の方が機能も多くより安定している、
というだけではなく、いつかビルドできなくなる日が
来るかも知れないというところがあります。

DBFluteは、jflute の MacBook で、
ビルド&デプロイをしています。

以前、Java5の対応を止めたときがありましたが、
MacOSXでJava5が動かなくなったことがきっかけでした。
ビルドしようがないので対応を止めざるを得ませんでした。
幸い、ほとんどJava6を使っている方が多かったので、
Java5で動かなくて困るという話は耳に入りませんでした。
(その頃、すでにWindowsPCも持っていなかった)

同じようなことがそろそろJava6で発生しても不思議ではないなと。
こればかりはさっぱりわかりませんが、
数年後のことを想像するとあり得ないことではないでしょうと。

緊急対応ができない

ただ、jfluteのMacBookでビルドできなくても、
みなさんのサーバーで動くのであれば使い続けることはできますし、
すでに三年半リリースがないので、そもそもビルドの必要性もない
かもしれません。

でも、緊急で何か対応してリリースというようなことが
できなくなってしまうかもしれません。
(それでもテンプレートの修正だけのリリースは可能)

その場合、問い合わせや要望があっても、
クラスをオーバーライドしてもらって対応してもらうような
提案をさせて頂くことになるでしょう。
(DBFluteのメソッドの多くがオーバーライド可能ですし)

ひとまずオススメしておきます

なので、とりあえずjfluteからは、第一弾として、今のうちから 1.1.x (Java8版) を利用することを "オススメ" だけはしておきます。

これから開発を始める方が 1.0.x (Java6版) を利用する必要は全くないので、
新規プロジェクトに関しては遠慮なく 1.1.x (Java8版) をご利用ください。

いま、1.0.x (Java6版) ですでにリリースしてインクリメンタル開発されている方は、そう簡単には実行できないのは重々承知ですが、数年以内に移行をされることをオススメします。jfluteの身の回りでは実際に移行したプロジェクトが複数あり実績があります。(どちらかというとDBFluteというよりも、Javaバージョンをアップすることのほうが大変なんですよね...)
 => 移行 1.0.x to 1.1 | DBFlute